猫にエッセンシャルオイルは危険!?

寒くなって乾燥すると、お家でアロマを焚く方も多いかと思います。
「ディフューザー」や「アロマランプ」に、エッセンシャルオイル(精油)を2~3滴たらして使うと、いい香りが広がりますよね。

 


アロマに関わる仕事をしていますが、この時期になると「猫にも、アロマ使っても大丈夫?」という質問が増えます。


 

答えは、というと・・・。
「使わない方がいい」です。

 


好きな香り(良い香り)は嗅ぐことで、「神経系・内分泌系・免疫系」へ良い影響を与えることが、知られています。
リラックスやリフレッシュに、精油は活躍します。

エッセンシャルオイル(精油)の中でも、「オレンジスィート」や「ベルガモット」「ゆず」などは、女性男性問わずに人気が高い香りです。

 


ですが、猫にとってみると、柑橘類の香りは苦手の部類に入るようです・・・。
猫のコタジも苦手です。

 



 


猫は元もと、肉食動物です。
酸っぱい匂い → 腐った肉 → 食べられないものと判断するようです。
猫にとって、匂いは生きる上で重要です。

 


ただ、エッセンシャルオイル(精油)は匂いだけではなくて、使い方によっては、そのものが猫にとっては「キケン」なものになります。

 


肝臓には「解毒作用」がありますが、もともと肉食動物の猫は、人間や犬とは体の代謝の仕組みが異なります。
猫は、植物に含まれる成分を上手く代謝しきれずに、蓄積して中毒になりやすいんですね。

 

エッセンシャルオイル(精油)は、植物の成分が凝縮されたものです。

 


例えば、
「ラベンダー」の精油では、1ml抽出するために、約160gの花穂の部分を使います。
「ローズ」の精油の場合は、1ml抽出するのになんと約4kgものバラの花びらを使います。

 


「ディフューザーやアロマランプ」に、エッセンシャルオイル(精油)を2滴垂らして使う場合ですと、精油の分量は約0.1mlになります。
(精油1滴は、約0.05mlとなります)

 


実際には、それが空気中に蒸散されて濃度が薄まりますので、「ディフューザーやアロマランプ」で香りを楽しむ分には、猫にとっても影響は薄いかもしれません。
ただ、間違って「精油の原液」に触れた場合はキケンです。

 


猫のコタジはまだ1歳半なので、まだまだ家にあるモノには興味があって、触ったり匂いを嗅いだりします。
なので、家にあるエッセンシャルオイル(精油)は、引き出しの中に入れて直接触れられないようにしています。

 



 


また、精油と植物油は、それぞれ名前に「油」が付きますが、その性質は異なります。
冬の時期なると、ハンドクリーム(シアバター油)など使う機会も増えるかと思います。

 


肌の保湿に使う植物油(シアバターやホホバ油、ローズヒップ油)などは、肌に塗布しても皮膚の表面で作用します。
(表皮の中にある角質層まで浸透して、お肌が潤います)

 


ですが、エッセンシャルオイル(精油)は間違って原液を皮膚に垂らすと、その成分が10~20分ぐらいかけて、表皮を通り抜けて真皮にまで入ってゆきます。
真皮には毛細血管があるので、精油を高濃度で塗布した場合は、血液の中にまで成分が入ってゆきます。

 


さらに、猫は毛づくろいをするので、毛や肉球に精油が付くと、なめることによって簡単に体の中に入ってしまいます。

 


猫ちゃんのいる家では、エッセンシャルオイル(精油)を使うときには注意をして使った方が、よいかと思います。